Fortnite第3章シーズン2:開始時刻、漏れ、そして私たちがこれまで知っているもの

Fortnite第3章、シーズン1は曲がっています、そして叙事詩がまだ季節2が蹴り落ちるときにまだ明らかにされていませんが、ゲーム内の情報と漏れは私たちに自分でたくさんのことを伝えています。新しい章がすぐに最初の主要なオーバーホールを受けるように設定されているので、シーズン2から何を期待できますか?いつものように、たくさんのハック。これまでに私たちがこれまでに私たちが知っているすべてのものです。

フォートナイト第3章、シーズン2開始時刻

フォートナイトの次のシーズンはいつか 20 を離れてキックオフする可能性があります。これを前提としている理由は、ゲーム内のバトルパスメニューに従って、現在の戦闘パスが3月19日に期限切れになるように設定されているためです。それは日曜日に新しいシーズンの開始日を入れるでしょう、そしてそれは最近の季節と一致しています。叙事詩は土曜日にシーズンを終え、翌日の新シーズンを蹴り出しているようです。

ただし、季節の間に延期された停止時間があるかもしれません。時々幸運な新シーズンの更新が適用されている間、幸福は1日以上停止します。それが今シーズンであるならば、フォートナイトはその週の後半に戻る可能性が高いので、あなたはそれが最新の3月19日の数日以内に通常に戻ることを期待することができます。

【日本語訳】フォートナイト『恐れるものなどない / I am fearless』Music Video | Fortnite

フォートナイトシーズン1フィナーレイベント

毎シーズンの終わりに、多くのプレイヤーはFinaleイベントを楽しみにしています。フォートナイトの季節にはイベントがあるのではありませんが、ほとんどです。ほぼすべてがFortniteで漏れます。ただし、データシーダーはゲームのファイル内のシーズンファイナーイベントの表示を見せていません。それは2つのことのうちの1つを意味するかもしれません:

  1. Finaleイベントはありません、そして季節の間の橋は典型的なダウンタイム以上のものではありません。
    2.ライブイベントがあり、将来のゲームアップデートにはその参照が含まれます。

DataSaminersは、今シーズンが最終更新を受けていると思われます。イベント。この記事を更新する新しい情報は、イベントが途中であることを示唆する必要があります。

フォートナイト章シーズン1ストーリーランキャップ

今シーズンは、特にパラダイム、特にパラダイムであると想像上の順序で回転しています。とにかく、パラダイムがグループに再参加できるようにして、マスクされたグループの残りの部分を納得させようとしているすべてのシーズンを費やしたことがある科学者の意見です。

第2章の終了時に、基礎とジョーンズはキューブ女王を倒すために島を首尾よく反転させ、そうすることで、医師のスローンとIOパッキングも送りました – しかし長い間わかりません。 Artemis島の表面の下に深く、スローン、そしてIOは再出現するための努力で掘削しており、7を攻撃しています。

ドリルは島を渡って展示されていて、ゆっくりとゆっくりと描かれていますが、まだ競争したものではあるが、私は前足したの何かを取り戻しました。シーズン2の7歳の戦争の噂はさらに、次のシーズンが島の管理のために頭に向かって行くこれらの2つの派閥についてのすべてになることを示しています。 7人がそれを破ることを目指している間、ioはループを制御したいです。プレイヤーがこの闘争の途中で捕まえられ、そしてたぶん側面を選ぶ必要さえあるかもしれません。

下のツイートに見られるように、漏れ器はまた、タンク、ツェッペリン、そしてアルテミスのオールアウト戦争をさらに指摘しているものと共に、シーズン2のゲームプレイをどのように変えるかを指摘するデータも見つけました。あなたは今月後に季節が生きるとすぐに、これらの新機能を完全に報道することができるでしょう。

パラダイムの劇的なリターンがイベントで見ているようなもののようなものとまったく同じように、このような長いストーリーのスレッドは、ライブイベントが途中であることを示唆しているようです。それから、私たちはいくつかのLore Payoffのために何年もの間待っていたので、私たちはとにかく長い間彼女の急降下するのを見ないかもしれません。

常にフォートナイトと同様に、前方の道は楽しい噂とたくさんの漏れの両方に携帯されています。それが行くところはどこでもそれをカバーするためにそこにいるので、私たちはFortnite第3章、シーズン2に近いほど描くように固執します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.