NASAはそのメガムーンロケットテストを翌週まで押し戻します

2つの偽の始まりの後、NASAは3回目がそのスペース起動システム(SLS)ロケットの湿ったドレスリハーサルの魅力になることを望んでいます。月に人間を運び、最終的には火星にも人間を運ぶことを意図している巨大なロケットは、その打ち上げ前の最後の主要な試験を受けています – ロケットが打ち上げパッドに充填された、そして燃料で満たされるリハーサルカウントダウンは実際の起動のためのものであるため、開始されリサイクルされます。ロケットは地面を離れることはありませんが、ロケットのシステムはすべて電源投入されており、このリハーサルは実際に起動したときにすべてが準備ができていることを確認します。

最初のテストは、4月3日日曜日の先週末に予定されており、ロケットの周りに塔を叩いた雷を含む天候にもかかわらず先に進んでいました。稲妻塔はそのような発生のために雷を吸収するように設計されているので、ロケットに損傷はありませんでした。しかし、テストをオフにしなければならなかったファン安全システムに問題がありました。 NASAは4月4日月曜日に翌日試行しましたが、停泊弁のために2回目に擦る必要がありました。

今、NASAがそれがもう一度テストを試すことを確認しました。当初、4月9日土曜日、今日、これもまたテストすると言った。 「NASAは、主に中核段階のタンキング、地上系システムとの中間極低温推進段階(ICP)の最小限の推進力業務に焦点を当て、ケネディでの暫定極低温推進段階(ICPS)での最小限の推進力業務を計画しています。 「変更されたテストに必要なローディング手順の変化により、ウェットドレスリハーサルテストは火曜日、4月12日火曜日、4月14日木曜日にタンキングを施行して再開して再開しています。」

First Rollout of NASA's Artemis I Moon Rocket (Official NASA Broadcast)

NASAはまた、エンジニアが機能していないヘリウムチェックバルブを特定したと共有しました。小さなハードウェアは、長さは数インチで、安全上の理由から一方向にヘリウムが流れているだけで動作します。 4月11日月曜日に、発行に関する詳細と新テスト計画についての詳細を共有することを示しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.