伝えられるところによると、MicrosoftはPS PlusでCall of Dutyを許可することをいとわないと伝えられています

CALL

同社は、sonyにplaystation plusにcall of Dutyを投入するオプションを提供したと伝えられているため、Microsoftから別の妥協が発生しました。
これは、activision blizzardを獲得するための入札の一環として、人気のあるFPSフランチャイズに関するXboxメーカーからの最新の譲歩の1つです。
ブルームバーグ(Videgogamechronicle経由)は、ソニーがこの申し出を受け入れていないと述べています。
PS4とPS5の背後にある会社は、まだ買収に対して訴訟を起こしており、MicrosoftはXbox専用のCaらせるtyを行うことができると主張しています。
連邦取引委員会は現在、activision blizzardとの合併の試みについてMicrosoftを訴えています。
12月8日に提出されたこの訴訟は、この取引がビデオゲーム業界での競争を抑制すると主張しています。
Microsoftは、特にCall of Dutyとさまざまな取引を提供することにより、反競争的告発に対抗しようとしました。
たとえば、Xboxメーカーは、PlayStationでFPSフランチャイズを維持する10年間の契約をソニーに提供したと伝えられています。
Xboxの責任者であるPhil Spencerが続いて、Twitterで彼の会社が「Microsoftとactivision blizzard Kingの合併に続いて[任天堂]にCall of Dutyをもたらすという10年のコミットメントを締結した」と述べています。
SAGA全体は、Microsoftがactivision blizzardの買収をほぼ700億ドルで正式に発表した1月に始まりました。
これは、Microsoftの歴史上最大の合併だけでなく、ビデオゲーム業界全体でもあります。
つまり、合併が経過した場合です。
activision blizzard、Bungie、および2022年のすべての主要なビデオゲームの買収
続きを見る

Leave a Reply

Your email address will not be published.